おいも屋本舗
おいも屋ネットショップ

萌え尽き症候群


3日連続おいも屋本舗二周年イベントの萌え尽きた感がまだ続いています・・・



ジュニアアイドルを見ていると幸せですが、会えない時間が不安で切なくて・・・




と、どーでもよい事を書いてもしょうがないですねぃ!!




大場さんのイベントレポでも書きましょうか。


といっても、2周年!盛り上がった!楽しかった!って事位しか書けないので、
今回は趣向を変えて、大場はるかcというアイドルについて書いてみますか。




大場はるかcといえば、おいも屋本舗の看板娘で、
2年間おいも屋本舗を宣伝し続けてくれた娘であります。



2年前、なぜ大場はるかcを看板娘にしようと思ったのでしょうか。




それは、容姿、性格、将来性、
全てにおいてジュニアアイドルのお手本になると思ったからです。



容姿の可愛さは、ジュニアアイドルならではのピュアな清涼感ある可愛さ。
これは誰もが認めるところだと思います。




性格は、何て言うんでしょうか・・・完璧じゃないところが完璧なジュニアアイドル。
人一倍努力家で、涙もろく、めげ易く壊れやすい、常に純真な心で、穢れを知らない。
強くもあり弱くもある。だから応援しちゃうんでしょうね期待しちゃうんでしょうね。



そして将来性。というか期待感。
ジュニアアイドルの夢ってそれぞれあると思います。
一番多感な時期、将来を決めていかなくてはいけない時期に、
悩みながらも大きな目標をもって、頑張っている姿は凄いと思います。


はるかcには色々と期待をしてしまいます。
みんなの期待感を維持していく事って並大抵じゃ出来ない事だと思います。


二年たった今、大場はるかcに憧れるジュニアアイドルは多いです。
ファンも増えましたが同じジュニアアイドルから支持されているのは更に凄いと感じます。



2年前も今も大きな目標に向かっている。
その長い道のりを一緒に見ていきたい。
そんな期待感が今でもはるかcに感じます。





看板娘に抜擢して正解だった。
そんな事を思う今日この頃でした。